妊婦健診にかかる費用について

妊婦健診はお腹の中の赤ん坊と母体の健康を確認するために必要となる重要なものです。妊娠した際は必ず行うようにしましょう。

妊婦健診は無料というわけではありません。ある程度の費用がかかります。まず、妊娠したということを確認する検査を行うと1万円程度かかります。かなり詳しく検査することになるとさらに5000円ほどプラスされるので婦人科に行く際はお財布に多めのお金を入れてから行くようにしましょう。母子手帳に関しては無料で交付されるので安心してください。この料金を見るとなぜこんなに高いのだろう、と疑問に思う方も多いかと思います。これは何故かと言うと、妊婦健診に関しては健康保険の適用外となるからです。すべて自己負担となるため、普段病院にかかっている時よりも負担は大きくなります。

ただし、地方自治体の制度によって補助を受けることが可能です。母子手帳を交付された時に妊婦健診補助券というものが渡されます。これを使うとどの自治体なのかにもよりますが、だいたい5000円程度で健診を受けられるようになります。一番いい場合だと無料になるところもありますので、使わない手はありません。この補助を利用すれば全体でだいたい10万円程度の補助を受けることが出来ます。

また、低所得者の場合だとさらに厚遇される場合があるので、妊娠したらきちんと自治体に確認をすることがとても重要です。なお、妊娠している時に何らかの感染症が発症すると健康保険が適用される可能性があります。そして、もう一つ重要なのが妊婦健診にかかった費用は医療費控除の対象となることです。一年間にすべての病院でかかった費用の一部が返還されますので、健診の領収書は取っておくようにしてください。

妊婦健診は平均すると14回程度必要になります。健康な赤ん坊を産むためにもきちんと受けるようにしましょう。その際はさまざまな補助を使って、健診の費用がなるべく安くなるように工夫することが重要です。